タイトル

組織

スタートアップ

スタートアップとガバナンス

ガバナンスの観点から、カーブアウト型のスタートアップと親会社の関係を見ていきます。「金は出しても口は出さず」を口約束ではなく株式・取締役という目に見える形で実行することが大事です。
スタートアップ

組織の劣化とスタートアップ

組織を構成する一流、二流、三流、一流が作り上げた組織が経時的に劣化していくのは構造的な宿命だと山口周は説いています。この命題についてスタートアップでどうか考えてみたいと思います。
ビジョン

危機を突破する最強の「経営チーム」を掘り下げる

なぜ、それでも会社は変われないのか 危機を突破する最強の「経営チーム」を拝読し、役員のチーム化がワークするのはどんな状態の企業なのか、大きな事業変革を行うにはどうしたらいいのか、自分なりに考えてみました。
スタートアップ

組織再編、人事はメッセージ、人が役職をつくる

新年度の組織再編、スタートアップと親会社の融合、そしてそれに伴う歪を感じながら、人事の意味とあるべき姿を考察しました。
スタートアップ

社内で政治力とどう戦うか

Mr. スルーパス、組織の中で仕事を横流し、上にはいい顔して評価されている厄介なおじさんたちです。彼らの政治力とまともに戦おうとしたら痛い目にあいました。組織としてどう対応していくか考えてみました。

スタートアップ

社員が10人以上になったら必要な就業規則を作る

従業員が10人を超えてくると定めることが必須になる就業規則。厚生省が発行するモデル就業規則を見ながら、ポイントとなりそうな部分と、カスタマイズした部分についてまとめました。

イノベーション

大企業カーブアウトは象の行進

大企業で新規事業を起こし、新会社設立へ奔走する、これだけ聞けば華々しい成功の予感を感じるのですが、そのプロセスを聞いていると、大企業からのカーブアウト型スタートアップの課題が見えてきました。

イノベーション

VSフォード、組織との闘い

公開中の「フォードVSフェラーリ」を見たら、これが組織の飛び道具には共感な映画、どう組織を動かすか、バランスのとり方、などなど示唆に富んでました。

キャリア

2020幕開け・今年の目標

個人的には大きな変化のあった2019年が幕を閉じました。さて2020年どう生きていくか、3つ目標を立てました。

イノベーション

自分の役回りの変化、なんでも屋はスタートアップでも活躍できる

事業開発として入社したスタートアップですが、最近役回りが変わってきました。リソースに乏しい場合、事業の律速段階へフレキシブルに身の振りようを変えていくのが大事だと感じています。

タイトルとURLをコピーしました