タイトル

スタートアップ

スタートアップ

資金調達ラウンドはなぜ何回もあるのか、スタートアップの金策

コロナ禍はスタートアップの資金繰りも苦しくさせています。資金調達ラウンドがどういった仕組みで運用されているのか、解説しながらスタートアップの譲許を解説します。
スタートアップ

人事とはメッセージである、人事を見れば会社の本音が見える

人事すなわち、どんな人が昇進したかということを見ると、経営者の本音が見えてきます。人事とはメッセージなのです。人が選ぶ限り主観が入る人事ですが、役職はどう決めていくべきでしょうか。
スタートアップ

スタートアップが出す、プレスリリースの意味と効果

スタートアップのプレスリリースの意味と効果は何でしょうか?問い合わせが増え、ビジネスチャンスが増えることが挙げられますが、知名度が低い状態ではどうすればよいのか、また大量の問い合わせには思わぬ落とし穴もあります。
スタートアップ

社員が10人以上で必須な、就業規則作成

社員が10人以上になると労働基準法で必須になる就業規則。厚生省が発行するモデル就業規則を見ながら、ポイントとなりそうな部分と、カスタマイズした部分についてまとめる形で就業規則作成についてまとめます。
スタートアップ

資金調達で膨らむ資本金、減資メリットとは

資金調達の際、出資をしてもらうことで資本金が増えます。この資本金の大小が会社が納める税額に直結することから、資本金を減らすことで節税になる減資メリットがあるのです。今回はこちらについて詳しく書きます。
スタートアップ

スタートアップの資金調達方法、資本と負債の違いとは?

スタートアップの命の綱は資金調達です。いったいどんな方法があり、どんな違いがあるのか、資金調達方法を資本と負債の違いに注目しながらまとめます。
イノベーション

スタートアップで実感した、活躍するために必要な役割と柔軟性

事業開発として入社したスタートアップですが、会社の状況・フェーズによって役割を超えて今必要なことを柔軟に取り組む必要があると最近役回りが変わってきました。スタートアップで活躍するために必要な役割と柔軟性について考察します。
スタートアップ

離職理由はわからない、離職をどう受け入れるか

初期のスタートアップで離職者がでました。離職理由はわかりません。組織を俯瞰して問題を眺めてみると、技術の課題以上に人間関係による課題が大きいと感じます。離職者を通して何を学び次に活かすべきでしょうか。
イノベーション

前橋がおもしろい、実は盛り上がっているらしい

Newspicksのイベント“スタートアップ”のように成長する地方都市。「前橋モデル」とは、に参加し、今盛り上がっている前橋の魅力について勉強してきました。新しいことに挑戦する風土がこんなところにあったとは驚きです。

イノベーション

展示会とは、スタートアップの新サービスPRに使えるか

スタートアップの新サービスをお披露目し、顧客の声を聞く場としての展示会とは如何でしょうか。ハード系ソフト系と様々な新サービスで参加した経験からまとめます。
タイトルとURLをコピーしました