タイトル

スタートアップの資金調達とお金の色

今日はスタートアップの資金調達について話をしたいと思います。
といっても僕はファイナンスの専門家ではないので、あまり深堀はできません。

スポンサーリンク

EquityかDebtか

お金が無いといかなる事業も開始できないわけですが、資金調達の方法は大きく分けて二種類あります。

  • Equity(資本):出資です、出資者から会社にお金を、その対価に見合う株を出資者に渡します。会社側は出資してもらったお金を返済する義務がありませんが、出資者には株主になってもらいます
  • Debt(負債):いわゆる借金です、主に銀行からお金を借ります

この2つは大きく違うのは、出資してEquity(株)を持つということは、会社そのもののオーナーの一部になることを意味します。会社の事業が成功、拡大すると会社そのものの価値が大きくなるので、会社の株を売却したときにその差額が利益になります。
一方借金の場合は、金利を支払い、いつかお金を返すことになりますね。

この二つの資金調達コストは全く意味合いが異なります。お金を出す側から見ますと、

  • Equity:出資者は投資して得た株価が上がることでその差額をリターンとして得ることを目的とします。
  • Debt:貸し手は貸した分のお金に対する金利を得ることを目的とします。
スポンサーリンク

スタートアップの調達方法

さて、どっちがいいのか?これはもう僕が一言で語れるようなものではなくケース・バイ・ケースなわけですが、創業間もないスタートアップの場合、ほぼ前者のEquityによる調達一択になります。なぜなら、まだうまく行くかもわからないようリスキーな会社に誰もお金を貸してくれないからです。

じゃあ出資者はどうなのかというと、リスクを承知の上でお金を出し、その金額が何十倍、何百倍になることを期待します。お金を貸しても金利でもらえるのは、せいぜい数%、そもそも事業が成り立つかわからない中でお金が返ってくることを前提に金利で稼ぐモデルは成り立たないということになります。
このように、この2つの調達方法は本質的に別物です。

そして、スタートアップはその成長フェーズに応じて資金調達を繰り返していきます。これは事業拡大によりお金が必要な用途が次々と発生していき、必要な資金の額が増えていくからです。

そしてIPO(上場)することで市場から莫大なお金を調達できます(上場は必ずしもするものではないですが)

さて、この成長フェーズに応じた資金調達について、参考になる記事を見つけたのでシェアします。

スタートアップの成長フェーズとは
スタートアップの成長フェーズを知る - INITIAL
スタートアップの成長フェーズを可視化する。 INITIALは、スタートアップの資金調達に関する膨大な自社データを活用し、スタートアップの成長フェーズを「シリーズ」として定義する。 スタートアップの世界をオープンにすることで、そこに飛び込む人が増えることを目指して。 この記事では、そのINITIAL独自のシリーズの...

要点メモ

  • 日本国内の年間資金調達規模は4000億円ほど、2000社弱
  • 投資元は事業会社とVC(ベンチャーキャピタル)に分かれる
  • 成長フェーズごとに資金調達のラウンドを分けて表現する、アーリー(シリーズA、B)、レイター(C、D)、これが金額で別れているのがアメリカのスタンダード
  • 日本では明確なシリーズの区分けが無いが、過去のスタートアップを分析すると、シリーズが上がるには、株式価値が20%以上上がっている必要がある。
スポンサーリンク

ただほぼ怖いものはない、どんな色のお金か

さて、スタートアップの企業側から見ますと、出資してもらう時に注意しないといけないのは、誰に出資してもらうか、です。

お金を出してもらう相手により、狙いが異なるため注意が必要になります。大きく分けると、

  • VC(Venture Capital):上述のキャピタルゲインを狙う投資会社。投資規模や、どういったフェーズの会社に投資するか、どういった分野を専門にするか、などで様々な会社があります。蛇足ですが、日本には環境エネルギー系を専門にしている以下のような会社もあります。
  • 事業会社:事業を営む企業、一般的に思い浮かべる会社です。なぜこういった企業が投資するのかというと、自社の成長を求めてシナジーのある新興企業へ投資することで、次の事業展開につなげたいからです。VCとは異なり、投資先の企業価値の向上よりも事業シナジーに重きを置いていることが多いです。


VCに投資してもらうことを嫌がるスタートアップの気持ちはわかります。経営側からすると、せっかく自分の思い通りに経営しているのに、VCが投資家の立場から色々と言ってくるのは嫌だということでしょう。株価が上がったら売り抜けておしまい、という付き合い方になるイメージが強いのかもしれません。

一方で事業会社、特に日系の場合、ある意味緩く、日経スタートアップからすると、商習慣も近く好まれるイメージがあります。

会社により業種により異なることは当たり前なのですが、僕の感覚では、VCに入ってもらうのは悪い選択ではないのではないかと思います。その理由は、スタートアップはトップダウンが効きすぎる傾向があるので、外から第三者的な外圧が働くのはガバナンスの健全化につながると思うからです。
もちろん、この場合はVCが事業内容をよく理解してくれていて、長期でお付き合いできる関係性が構築できそうな感覚が掴めていることが大事です。

一方事業会社からの出資ですが、僕はどうもこの事業シナジーというやつが胡散臭くてならないのです。スタートアップに投資してくる事業会社として多いのはどんな会社かというと、サプライヤーや潜在顧客です。これは結構恐ろしいことなんですが、なぜかと言うとサプライヤーが投資家にいたら、スタートアップ側は調達品を高く買わされたり、他に良い製品があったときに切り替えられないリスクがあります。またお客が投資家にいたら、そのお客に優先的に供給しなければならなかったり、安く買いたたかれるリスクがあります。これは結構恐ろしいことではないでしょうか。それは目的が合っていない可能性があるからです。買う側買われる側が投資する側される側にいると、利害の不一致が起こりかねません。

VCの場合はある意味キャピタルゲイン狙いであり、スタートアップとしても株価を上げたいわけですから、目的が一致してます。もちろんその方向性を巡っては折り合いがつかないことがあるかもしれませんが、こちらの方が健全だと僕は思います。

さて、今日はスタートアップとは切っても切り離せない投資家との関係について少し書いてみました。

P.S. 今回の内容に絡んだ、ちょっと前に読んだ本
IPOは野村にきいてみよう。
boompanch のレビュー

boompanchさんのレビュー
boompanchさんの『IPOは野村にきいてみよう。』についてのレビュー:IPOの概要はわかるが、野村自画自賛本の感を否...

正直野村万歳本であんまり好きじゃないのですが、IPOのメリットやどんな感じで進んでいくかというのは分かると思います。ざっとしたまとめ。

  • 上場するメリット
    • 信用力が上がる、海外では未上場だと取引を断られるケースがある。
    • 大型の資金調達、その後も増資しやすい環境。
    • 会社をさらに成長させたいという想い。
    • ガバナンスの強化
    • 人材の確保がしやすくなる
  • 上場で覚悟すること
    • 社会的責任を求められる、地域雇用、文化振興
    • 未上場ライバル企業に対して不利になる可能性もある、情報は筒抜け
    • 不特定多数の株主とからの短期的成長のプレッシャー
    • 敵対的買収を受けるリスク


個人的には、前にブログで紹介した「ピクサー」がおすすめです。これはIPO本なわけではないのですが、ピクサーがIPOするまでの実体験がCFOの立場で描かれているのでよりリアルにわかります。話も面白いですし、以下のブログの末尾に載せてます。

スクロールしてページ下部の「LINEアイコン」をクリックすると新規投稿をラインでお知らせする設定ができます。メアドを入力して登録を押すと「メルマガ登録」もできます。有益な記事書けるよう努めます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました