タイトル

スタートアップ

スタートアップ

スタートアップとガバナンス

ガバナンスの観点から、カーブアウト型のスタートアップと親会社の関係を見ていきます。「金は出しても口は出さず」を口約束ではなく株式・取締役という目に見える形で実行することが大事です。
スタートアップ

組織の劣化とスタートアップ

組織を構成する一流、二流、三流、一流が作り上げた組織が経時的に劣化していくのは構造的な宿命だと山口周は説いています。この命題についてスタートアップでどうか考えてみたいと思います。
スタートアップ

コロナとスタートアップ、金策中心に

コロナにより在宅勤務となって一か月、ここまでの状況を見ながら、スタートアップの置かれている状況について、特に金策を中心に書きました。
スタートアップ

組織再編、人事はメッセージ、人が役職をつくる

新年度の組織再編、スタートアップと親会社の融合、そしてそれに伴う歪を感じながら、人事の意味とあるべき姿を考察しました。
スタートアップ

社内で政治力とどう戦うか

Mr. スルーパス、組織の中で仕事を横流し、上にはいい顔して評価されている厄介なおじさんたちです。彼らの政治力とまともに戦おうとしたら痛い目にあいました。組織としてどう対応していくか考えてみました。

スタートアップ

プレスリリースの光と影

スタートアップのプレスリリースについて。特に、大企業からカーブアウトするスタートアップにおけるプレスリリースは一般的なスタートアップと異なる部分があるのでその点について書きます。

スタートアップ

社員が10人以上になったら必要な就業規則を作る

従業員が10人を超えてくると定めることが必須になる就業規則。厚生省が発行するモデル就業規則を見ながら、ポイントとなりそうな部分と、カスタマイズした部分についてまとめました。

スタートアップ

スタートアップと減資のひみつ

出資してもらうことで事業活動の減資である資本金が増える。この資本金の大小が会社が納める税額に直結することから、資本金を減らす減資という施策が取られることがある。

イノベーション

大企業カーブアウトは象の行進

大企業で新規事業を起こし、新会社設立へ奔走する、これだけ聞けば華々しい成功の予感を感じるのですが、そのプロセスを聞いていると、大企業からのカーブアウト型スタートアップの課題が見えてきました。

スタートアップ

スタートアップの資金調達とお金の色

スタートアップの命の綱、資金調達。いったいどんな方法があり、どんな違いがあるのか、資金調達担当ではないですが、一般的なことまとめてみました。

タイトルとURLをコピーしました