タイトル

電力

カーボンニュートラル

化石エネルギーとは、脱炭素社会における姿

現在の私たちが使用するエネルギーの大部分を支えている化石エネルギーについて、どのくらい恩恵に預かっているのか、そして今後カーボンニュートラルに向けてどうエネルギー転換を行っていくのか、まとめました。
発電

原子力エネルギー

原発事故以降火力に主役の座を明け渡した原子力エネルギーですが、カーボンニュートラル2050においては脱炭素電源という強みが生きてきます。既存の原子力発電所で将来どの程度発電量を賄っていけるのか、国はどんな構想をもっているのか、このあたりに着目し。原子力エネルギーについてまとめます。
制度

クリーンなエネルギーの証書取引 ~高度化法と非化石価値取引市場~

二酸化炭素を出さない電源(非化石電源)の割合を増やしていこうという動きが加速しています。法的な拘束や実際に非化石電源を取引するための市場、等々をまとめました。
国内

旅は人、柳川に”Sustainable”の原点を見る

国内外いろんな場所へ旅をしましたが、心を動かされるのは、場所ではなく「人」だなと感じる今日この頃です。人を起点に訪れた九州、その中で出会った柳川という土地には「掘割」と呼ばれる古来から伝わる英知が詰まった利水治水システムがあります。ほとんど知られていない「柳川堀川物語」というジブリ作品を見るとその全貌が見えてきます。
制度

パッチワーク式、複雑な電力システム改革関連審議会・委員会整理

電力システム改革を推進、検証しているのは経産省のエネ庁以下の審議会なのですが、ここに大量の委員会とワーキンググループがあり、どこでどんな議論をしているのか複雑です。これを一度俯瞰して見れるようにまとめてみました。<随時更新予定>
制度

100年に一度の電力システム大転換、ここまでのおさらい

20年4月の発送電分離を持って一段落した電力システム改革の全体像についておさらいします。一段落ではなくまだまだ改革が必要なわけですが、まずは立ち位置の確認です。
発電

一般家庭の一次エネルギーを太陽光で賄うことを考えてみる その2

太陽光による発電量と家庭の需要量を比べながらどうやって需要と供給を合わせるか考えてみましたが見事な逆相関のようです。また消費の大きな部分を占める暖房給湯はヒートポンプを活用することでエネルギー効率を高めることができます。
発電

一般家庭の一次エネルギーを太陽光で賄うことを考えてみる その1

コストや安定性をわきに置き、太陽光パネルで家庭の一次エネルギーを賄うことは可能なのか?エネルギー密度の観点から見てみます。せっかくなので電源ごとのエネルギー密度の違いも見てみます。
電力

「エネルギー大転換」を掘り下げる「エネルギー貯蔵」編

日本科学未来館の「エネルギー大転換」をきっかけに、エネルギーについて考察しました。今回は、「エネルギー貯蔵」を取り上げます。
循環型社会

withコロナの開疎化社会のエネルギーシステム

コロナによって生活が一変しました。おそらくこの変化は不可逆で、これから都市化と逆行する「開疎化」が進んでいくと思われます。そうなったとき、どうやって分散型のインフラシステムを成立させていくのか、ここに面白さとビジネスチャンスがあると思います。
タイトルとURLをコピーしました