タイトル

電力

制度

JEPXとは?電力市場を構成する4つの市場とその仕組み

重要インフラである電力はどうやって取引されているのでしょうか。自由化された中では市場取引の比重が高まってきています。その電力市場の全体像と、メインとなるスポット市場についてまとめます。
制度

電力自由化の仕組み!100年に一度の大改革の全貌

電力自由化に向け、20年4月の発送電分離を持って区切りを迎えた電力システム改革の全体像についておさらいします。 電力事業の変遷や発電・送電・小売を担う事業者についてもまとめます。
発電

太陽光発電の発電量は各季節でどのくらい?太陽光だけで生活できるのか

太陽光発電による発電量は年間でどれくらいでしょうか。一般家庭でのエネルギー消費量と比べ、それぞれの季節変動に注目しながら、太陽光だけで生活するにはどうしら良いか深堀りします。
発電

エネルギー密度比較!一般家庭のエネルギーを太陽光だけで賄えるか

様々な発電方法に対して、エネルギー密度比較を行います。その中でも現在一般家庭で普及している太陽光発電に商店を当て、太陽光発電で一般家庭のエネルギーを全て賄うことは可能なのか、検証します。
融通

様々な蓄電池種類、リチウムイオン電池がなぜその中で注目されるのか

不安定な再生可能エネルギーの普及とEVの普及により注目を集める「蓄電池」様々な蓄電池種類をご紹介します。その中でも昨今メインとなってきているリチウムイオン電池が注目される理由に迫ります。
カーボンニュートラル

脱炭素化に向けた都市ガスのあり方、切り札のメタネーションとは

カーボンニュートラルへ向かう中では二酸化炭素を排出するガスは逆風ですがどういった方向性に向かうのでしょうか。電力との比較、都市ガスとプロパンガスの違いなどに触れつつ、切り札のメタネーションとは何かについて迫っていきます。
融通

送電線とは、電力ネットワークの構造と、国際比較

日本全国どこでも電気を使うことができるのは、発電所が豊富にあるだけでなく、その総配電網の存在が欠かせません。再エネが主体となっていく中で、そのあり方も大きく変化していきます。送電線が一体どんな仕組みで形成されているのか、また再生可能エネルギーの普及が進む欧州はどんな電力ネットワークとなっているのかまとめました。
融通

再エネを最大限送電するための新しい仕組み、ノンファーム型接続

少数の大規模安定電源から、多数の分散型再生可能エネルギー電源への転換、これを実現していくためには、送電線の運用ルールを変えていく必要があります。単に増強するのではなく既存の送電線を有効活用するための仕組み「ノンファーム型接続」について背景からまとめます。
発電

サステナブルなバイオマス発電は、原材量のカスケード利用にあり

バイオマス発電は使用する燃料が多様で何を使うかによって、経済性・補助金の額・二酸化炭素排出量などが大きく変わってきます。 魅力的な燃料は調達が難しい中、地産地消なバイオマス発電発展の鍵は、林業自体の発展です。そんなバイオマス発電についてまとめます。
発電

地熱発電のメリットとデメリット、今後の展望は?

火山帯に位置し、世界で第三位の地熱資源を有する日本ですが、その発電量は1%にも満たないのが実情です。そんな地熱発電のメリットとデメリット、今後の展望をまとめます。
タイトルとURLをコピーしました