タイトル

電力

発電

水力発電のメリットとデメリット、ポテンシャルはまだまだある

安定で安価な再生可能エネルギーという圧倒的メリットを持つ水力発電ですが、様々なデメリットも併せ持っています。適地が限られる中で、日本の水力発電の展望についてまとめます。
カーボンニュートラル

エネルギーの種類と使い方、脱炭素化によるシフトの仕方は

現在の私たちが使用するエネルギーはどんな種類でどのくらいの量がどんな用途で使われているのでしょうか。大部分を支える化石燃料からの脱却に向けてどんなオプションが考えられるのか、まとめました。
発電

福島原発事故をわかりやすく徹底解説!なぜ事故は起きてしまったのか正しく知る

福島原発事故はなぜ起きたしまったのでしょうか。事故の最中原子力発電所の中で起こっていたことをわかりやすく徹底解説します。 本稿は原発の賛否を示すものではなく、技術的観点から掘り下げ、わかりやすく福島原発事故について解説することを目的としています。
発電

原子力発電のメリットとデメリット、脱炭素化の切り札

原発事故以降火力に主役の座を明け渡した原子力エネルギーですが、脱炭素電源というメリットが再び注目されています。安全面や廃棄物処理というデメリットを踏まえ、既存の原子力発電所で将来どの程度の割合を賄っていけるのでしょうか。
発電

太陽光発電の今後、主力電源としての果てしないポテンシャル

脱炭素化の流れの中で化石燃料に変わる主力電源として再生可能エネルギーが急増しています。その大本命である太陽光は今後どのくらいのびていくのでしょうか。そのポテンシャルを掘り下げます。
制度

日本で必要な電源を確保するための「容量市場とは」、初の入札の結果と考察

日本の必要な発電量を確保するための「容量市場とは」なにか、その目的と仕組みをまとめていきます。 そして20年度の入札を振り返り、物議を醸した入札結果のポイントを述べます。
制度

非化石証書とは? 脱炭素エネルギーを取引する市場の仕組み

二酸化炭素を出さない電源(非化石電源)の割合を増やしていこうという動きが加速しています。法的な拘束や実際に非化石電源を取引するための非化石証書とは何でしょうか?脱炭素化に向けた重要な役割を果たす仕組みをまとめます。
循環型社会

持続可能な社会のためにできること、柳川の水路から学ぶ

堀川物語」という作品をご存じでしょうか。30年の時を経て、この映画から見えてくる持続可能な社会のためにできることを考えます。
制度

パッチワーク式、複雑な電力システム改革関連審議会・委員会整理

電力システム改革を推進、検証しているのは経産省のエネ庁以下の審議会なのですが、ここに大量の委員会とワーキンググループがあり、どこでどんな議論をしているのか複雑です。これを一度俯瞰して見れるようにまとめてみました。<随時更新予定>
循環型社会

シン・ニホンから考える、開疎化時代におけるエネルギーのあり方とは

シン・ニホンを題材に、コロナによって一変した生活におけるエネルギー社会のあり方を考えます。都市化と逆行する「開疎化」が進んでいくとインフラのあり方も変わっていき、分散電源である再エネも使いやすくなっていくでしょう。
タイトルとURLをコピーしました