タイトル

スタートアップを支えるITシステム・SaaSが便利

25日になっても給料払われないなーとそわそわして、内定時の契約条件見直したら、給料の支払いは翌月になってました。あーびっくり、そして今月は収入無しと今理解、そんな初月月末。

新入社員で入った前職は入社した4月から(研修しかしてないヒヨッコで)給料払われていたのでカルチャーギャップでした。
よく考えると、4月終わってないのに4月分の給料が振り込まれるのは変な気もしますね。


会社作ると、労務管理や勤怠管理、情報管理や日々のやりとりなど、インフラが必要になります。
昨今はこれらを安く提供してくれるSaaS(software as a service)が数多く存在し、我々を力強くサポートしてくれます。
そんな日々お世話になっているIT周りをまとめてみようと思います。

1. 労務管理: SmartHR
https://smarthr.jp/


社手続きや雇用契約がペーパーレスで終了します。そんでもって従業員情報は一元管理が可能。年末調整やら給与明細やらもこれで済みます。
50人以下のスモールプランだと、月額550円/人従業員の僕はいまのところ入社時しか使ってないですが、使い勝手良かったです。

2. バックオフィス全般: マネーフォワード クラウド
バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」
Money Forward クラウドなら1か月無料でお試しいただけます。バックオフィスに関する様々なデータを連携し、業務を自動化。経理や人事労務における面倒な作業を効率化します。


会計、確定申告、請求書、経費管理、給与、勤怠とこれ一本でカバーされたサービスです。
経理でない僕が関わるところでは以下。

勤怠管理

毎日の勤怠をつけるウェブサービスです。何時に出勤し、何時に退勤したかを自分で打刻します。ぶっちゃけほぼ確実に打刻するの忘れれるので、後からばーっと入力してます。

うちの会社の場合は、事務さん除き皆裁量労働で、残業代という概念がないため、特に問題ないんですが、勤務時間がシビアに給料に効く場合は電源オンオフで管理できるサービスの方がいい気もします。

使ってないですが、シフト管理や有給の管理もできるようです。※まだ制度ができてない。

ちなみに料金はキャンペーンだと30人以下は無料のようです。なんと太っ腹な。金額はビジネス版で会社として5980円/月。スモールビジネスのプランだと3人までしか使えないので、こちらのが良いでしょう。

SmartHRとの連動性もよさそうです。

3. Office 365
Microsoft Office 全製品の比較 | Microsoft Office
家庭でも業務でも、用途に最適な Microsoft Office 製品が見つかります。

言わずと知れたMicrosoftのオフィス。
いくつかプランがありますがうちは「Office 365 Business Premium 」を契約しています。

月額1360円/人

これだと、Word、Excel、PowerPointに加えて以下のサービスも利用できます。

  • Teams:社内コミュニケーションツール、Slackのようなビジネスチャットツール、超便利で必須、社内の連絡はメールかこれ、チャットもできるし電話もできる、電話会議もこれ
  • One Drive:社内のクラウドサーバーはここになります。ファイルの共有もすべてここ。Teams経由でファイルをアップするとみんなに共有できる。Teamsで関係者のみのチームを作っているため、共有相手もそのチーム関係者に限るので情報管理も容易。
  • One Note:打ち合わせのメモや社内規定なんかはここに入ってます。これも、社内規定なんかのチームをTeamsで作っておいて、その中で共有する感じにしてます。

Officeは使い慣れてますし、クラウドに拡張されてTeamsで繋がり、非常に使い勝手良くなっています。似たような感じでGoogle系でもネットワーク構築できますね。

うちはパートナー企業とTeamsを直接つなげてるため(ゲスト参加というのができます)、それでMicrosoft系になりました。IT企業はソフトバンクとかGoogle系のが多いかもしれないですね。

自分の携帯やパソコンからもOffice 365にログインすれば仕事環境に入れるのでBYOD(Bring your own device)が実現します。どこにいても仕事ができる環境、大変便利。

4. モバイル端末貸与: どんなときもWifi
【公式】どんなときもWiFi|月額3,480円(税抜)~
もうギガ数が気にならない!データ容量無制限のすごいwifi新登場!トリプルキャリアネットワーク対応だからどこでも使える!さらに国内も海外もこれ一台でOK!


国内使い放題 月額3480円/台

モバイルWi-Fiについての説明は不要な気がしますが、弊社では全社員にWi-Fiを貸与しています。社用携帯を持たせるのが一般的な気がしますが、携帯二台って面倒じゃないですか?コストもかかるので社用携帯はなしにして、個人の携帯を使っています。

その代わり出張時含め通信量がかかるのでWi-Fiを貸与するという形です。家でネット契約していない(DMMで30GBくらい契約していて基本テザリング)の僕としてはこれは非常にありがたく、プライベートの通信料の圧縮になりました。

これの問題は、「電話どうするの?」という部分なんですが、まだ結論出てないものの(具体的に困る人がまだ出ていない)、一旦個人持ちになっています。
というのも、社内関係はTeamsで電話できますし、国内のかけ放題ってだいたいどこの通信会社でも1000円くらいなんで、よくかける人はかけ放題入ってもらえばいいんですね。Wi-Fi貸与していて、通信量は公私含めて持つんで、通話料は上手いことやって頂戴、という乗りですね。こういう自由度はベンチャーならではだと思いました。

ちなみに海外に持って行っても1日1280円(国によるがたいていこの料金)で使えるので、短期の海外出張はこのまま使える便利さもあります。

抜けがあるかもですが、おそらくこんなもんですね。他にも使っているサービスあったらまた書きます。

P.S. 本の紹介「地球温暖化」の不都合な真実

「地球温暖化」の不都合な真実 | マーク・モラノ, 渡辺 正 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでマーク・モラノ, 渡辺 正の「地球温暖化」の不都合な真実。アマゾンならポイント還元本が多数。マーク・モラノ, 渡辺 正作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また「地球温暖化」の不都合な真実もアマゾン配送商品なら通常配送無料。


地球温暖化懐疑派の人たちがどんなことを言っているのか気になって手に取った本。どのように反証してくるのか期待していたのだが、全然データがなくて、言ってるのとを確認するすべがないです。

脚注が本文中に番号で出てくるんだが、その引用元の説明がない…驚愕。これが信じられてしまうとしたら本当に恐ろしいですね。

スクロールしてページ下部の「LINEアイコン」をクリックすると新規投稿をラインでお知らせする設定ができます。有益な記事書けるよう努めます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました