タイトル

Google Home と赤外線リモコンでスマート家電化

家電のスマート家電化やりました。ざっくりいうと上の図のような感じです。

「なんかしてー」と言って、家電が動いてくれたら楽しいな、というノリです。

家電製品のリモコンはだいたい赤外線で動いているので、赤外線を発信するリモコンをGoogle Homeから音声で操作できれば音声で家電を動かすことができるのです。
具体的に何やったのかというと・・・

(朝起きて)「おはよう!」

⇛ テレビがついて、録画再生画面になる
⇛ 今日の天気と今日の予定を言ってくれる(これはGoogle Homeのみ)

(家をでるとき)「行ってきます!」

⇛ 電気が全部消える
⇛ テレビが消える ↑これは夜の場合、朝や昼の場合は、「テレビ消して」だけで事足ります。

(帰宅したとき)「ただいま!」

⇛ 電気がつく ⇛ テレビがついて、録画再生画面になる

(映画みるとき)「音声切り替え!」

⇛ テレビの音がミュートになる
⇛ オーディオの電源が入る

こう書き出してみると大したことではないのですが、やってみたくなる性分です笑。ちなみに、もともとネットにつながる家電(スマート家電)はリモコンなくとも、Google Homeから操作できます。僕は持ってませんが・・・

そして鍵となるのが、「赤外線リモコン」です。結構種類は豊富です。あんまり真面目に吟味してないのですが、以下のページなんか読みながら買ったのが「Live Smart」でした。

スポンサーリンク

※以下は実際に買った人向け

セットアップは基本的に説明書通りやればいいのですが

  1. スマホにLiveSmartのアプリを入れて
  2. 赤外線リモコンとWi-Fiを繋いで
  3. 家電をLiveSmartに登録する

問題はここからなんですね。ここまでというのは、「家電製品をスマホから操作できるようになりました」という段階です。

ここからが厄介なのですが、僕がいじっていた限りではこんな感じでGoogle Homeと連携するのがいいと思いました。(二度手間な気がするんですが、設定ちょっと面倒でも使い勝手は悪くないです)

  1. LiveSmartの方で、動かしたい操作を「ルール」として登録する。 これは例えば、僕の場合、シーリングライトが二個あるんですが、それを同時につけたり消したりしたいので、二個いっぺんに操作するルールを作ったりしました。 あとは、テレビつけた後、20秒後に録画再生ボタンを押す、というルールとかです。
  2. Google Homeの方で、「ルーティン」の中で↑と同じ操作を、操作したい言葉と一緒に登録する。 ここが二度手間といった所以なのですが、Google Homeから煩わしくなく動いてもらうには、Google Homeのルーティンの中に加えてしまうのが一番ラクです。 ルーティンの設定の中で、「なんと呼んだときに」というトリガーとともに、先程設定したルールを選べます。これで言葉とルールがひも付きます。

IFTTTなどとも連携するので、もっと色々遊べそうではあるのですが、一旦やりたかったことはできて満足しました。
AI温度調整機能なんていうのもLiveSmartに装備されていて、快適だと思う温度に自動で空調をコントロールしてくれたりもするみたいです。
まあでもそこまでやってくれなくてもいいですよね笑

スクロールしてページ下部の「LINEアイコン」をクリックすると新規投稿をラインでお知らせする設定ができます。有益な記事書けるよう努めます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました