タイトル

自分の色を知る

パーソナルカラー診断というのをご存知でしょうか。
ざっくり言えば、自分に合った色を見つける、ということなのですが、
「青です!」「赤です!」というわけではなく、
Spring, Autumn, Summer, Winter (春夏秋冬)の4つの色彩群に分類する、というものです。


ファクトリエさんでやってきました。

とても面白かったです。パーソナルカラーとはなにか、一体どうやって分類するのかご紹介します。

スポンサーリンク

1.先天的なもの?後天的なもの?

パーソナルカラーというのは、生後6ヶ月位からは変わらないようです。そこまでの間は肌の色が変わるからです。
つまりは、DNAレベルで決まってくると。
また、この4分類には中間というものはないようです。(春と夏の間、とか言われたらそれは診断者の腕が無いとのこと)

スポンサーリンク

2.WARMかCOOLかを分ける

まずは、温かい系か冷たい系かに分けます。この二つはイメージでいうとバナナ(Warm)、レモン(COOL)という感じ。
やり方は至ってシンプルで、同系色で双方に属する色を交互に当ててみて、どれがしっくりくるか判断していくというもの。

色によって、分類が分かれることはありません。

案外自分自身を客観的に見るのは難しいようで、他人のほうがわかりやすい感じがしました。
この分類どうやってやるのか、というのは至って感覚的です。
健康そうか、色が浮いて見えないか、という感じで見ていきます。ひげのあとやしみが目立つというのはだめなパターンです。当てている色よりも、顔自体を見ている方がわかりやすいです。
僕はCOOLでした。

スポンサーリンク

3.SOFTかHARDで分ける

上の図の、上段がSOFT、下段がHARDです。個人的にはSOFT、HARDという分類はわかりにくいと思いました。
実は、斜めでつやあり、つやなしという分け方もできます。SpringとWinterがつやあり、SummerとAutumnがつやなしです。

これも同様に、最初にWARMだったら、SPRINGとAUTUMNの中なら、同系色2色で比較、最初がCOOLだったら、SUMMERとWINTERの中から、同系色2色で比較、というようにして分類していきます。

コレのほうが、WARMとCOOLの分類よりは難しい印象。ピンクとかわかりやすかったです。
僕はSUMMERとでした。


振り返ってみると、SUMMERらしいネイビー系の服が多いし、ビビットなのはあまりなく、中間色系の服が多かったので、案外自分に似合う色を心得ていたんだなあと思いました笑

僕の場合は、自分が好きな服、というより、周りから清潔感あって、自分らしく見えたい、というようなどう見えるか目線だったので、自分の感覚が間違ってなかったことがわかりホッとした感じです。

一方で、キャメルのチェスターコートやライトブラウンのチノパン、ハーパンは、最初気に入ってた時期もあったけど、最近はあまり来ていなかったので、感覚的には似合わない色だと気づいていたような気がします。そんなわけですぐにメルカリに出しました。

自分の好きを大事にしたい人にとっては、カラー診断はむしろ余計なお世話かもしれません・・・しかし、自分に似合う色を知りたい、服を選ぶ面倒を省きたい、という方には、選択肢を絞れるのでおすすめです!僕の知り合いの方でしたらお連れしますので気軽に連絡ください。

今週の推薦図書
boompanchさんのアーカイブ

boompanchさんのレビュー
boompanchさんの細川義洋『システムを「外注」するときに読む本』についてのレビュー:小難しい要件定義に関する本...

システムに強い前職の友人が、スタートアップへ行くなら必要だろうと授けてくれた本です。しかしこれ、システムを外注する可能性がある人は読んでおいて損はないです。

ITシステムって、「ベンダーがやってくれるんでしょ?」と思いがちですよね。しかし発注者がやるべきことも少なくないです。本著は物語調で読みやすいのでその点もおススメです。

スクロールしてページ下部の「LINEアイコン」をクリックすると新規投稿をラインでお知らせする設定ができます。有益な記事書けるよう努めます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました