タイトル

トリニダード (Torinidad) まとめ

スポンサーリンク

トリニダードの概要

キューバらしい町並みが広がるこじんまりした街です。
夜には屋外広場で演奏とサルサを楽しめます。

★★★★☆ 市内散策をし、のんびりする

★★★★☆ サルサを楽しむ

地理

サルサ会場になる広場が町の中心にあります。
この一体(町の北側)に観光客向けのレストランやお土産屋さんが集中しています。
おみやげ屋さんは昼前から夕方まで出店の形で大量に出現します。
特産品はテーブルクロスで、大きなものを中心にたくさん売っています。色んな柄があり、値段は交渉次第ですが、サイズや柄によって15〜35CUC程度でした。

南部は地元民の生活の場です。大きなレストランは無いですが、売店のような店はいくつもあります。
ここなら安く食事もできるが、あまり種類はありません。

南部に鉄道駅もあり、1950年代のSLを見ることができます。
近郊の町まで鉄道の旅が楽しむこともできるようですが、僕が訪れた時は”修理中”であり、3,4日は運行できないということでした。

実はキューバの鉄道では”しょちゅう”あることで、スケジュールも全くあてにならないそうです。
滞在日数が短い場合、乗車には奇跡の幸運が必要ですね。

北部には山があり、1時間半程度で楽しめる登山が可能です。ただし、暑いので注意が必要です。山頂には山小屋があり、冷えたビールも飲めます。

スポンサーリンク

トリニダードのホテル

 町の北側の方が標高が高いため、北側に宿を取ると景色がいいです。テラスがあるとなおよしです。

Sambrana

Jose Mendoza N517-A ★★★★☆

  • 値段:25CUC/night/room
  • 部屋タイプ:ツイン
  • Wifi:なし
  • 貴重品用ロッカー:なし
  • 朝食:3CUC/day/person
  • ホットシャワー:あり、勢い弱い

夜サルサを踊る広場の東にあるカサです。赤い服ととんがり帽子のカウボーイに連れてきてもらいました。

部屋は綺麗で、キッチンも冷蔵庫も使えて、景色もいいです。設備面では、シャワーの勢いが弱いことを除き素晴らしいです。

朝飯は微妙です…ジュースやパンは甘く、コーヒーは苦すぎました。
向かいに安くて美味しいお店があるのでオススメです(ただしオーダーしてから相当時間がかかる)

住民家族もとてもいい人達でした。

スポンサーリンク

トリニダードのレストラン

Obatara ★★★★☆

メニュー

  • ポークステーキ定食 12CUP
  • ロブスター定食 14CUC

屋外サルサ会場の東に位置するレストランです。
オープンなテラス席になっていて眺めもいいですし、雰囲気もオシャレです。

前菜がとにかくオシャレでかつ美味しい、メインのポークステーキは硬かったですが、ロブスターは美味です。お勧めです。

予算的には高い部類ですが、値段に見合ったレストランだと思います。

スクロールしてページ下部の「LINEアイコン」をクリックすると新規投稿をラインでお知らせする設定ができます。メアドを入力して登録を押すと「メルマガ登録」もできます。有益な記事書けるよう努めます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました