タイトル

地球温暖化とエネルギーについてのまとめ

スポンサーリンク

100年に一度の電力システム改革

広域運営機関の設立、電力自由化、発送電分離(20年4月)という三弾をもって一段落した電力システム改革の全体像についておさらいします。実際には今後も新たに需給調整市場の立ち上がりやアグリゲータービジネスの立ち上がりとまだまだ改革が目白押し必要なわけですが、まずは立ち位置の確認です。

電力システム改革を推進、検証している経産省のエネ庁以下の審議会ですが、大量の委員会とワーキンググループがあり複雑です。これを一度俯瞰して見れるようにまとめてみました。<随時更新予定>

スポンサーリンク

地球温暖化とはなにか

今更聞けない「地球温暖化とは何か」について、啓蒙活動第一人者のアル・ゴアの映画から復習します。そのうえで、対策に向けた本格的に動き出しのきっかけとなった「パリ協定」と「SDGs」という2大イベントについて解説します。

二酸化炭素がどれだけ増えるとどれくらい気温が上がるのか、国際機関での議論の根拠としてIPCCの報告書が使われます。その最新レポートを読み解きます。

一旦立ち戻って、そもそも二酸化炭素が原因なのか掘り下げます。

過去何千年、何万年という期間気温がどのように推移してきたかを見てみます。CO2との因果関係にも迫ります。

太陽の活動と地球の気候変動の繋がりを理論的に説明したスベンスマルクの理論について紹介しています。過去のマクロな気候変動は定性的な説明ができます。

異常気象、特に豪雨が地球温暖化とどう関連しているのでしょうか。

スポンサーリンク

プラスチック問題を分析

そもそもどのくらいプラスチックは環境に流出しているのか、プラスチックとは何か

プラスチックをどうやって減らしていくか

多様なエネルギーを分析

日本科学未来館の企画展「エネルギー大転換」を題材にエネルギーについて掘り下げていきます。

化石燃料・原子力

太陽光・風力

水力・地熱

植物資源

グリッド・系統

エネルギー貯蔵

家庭のエネルギーのあり方

これからのエネルギーのあり方

タイトルとURLをコピーしました